患者目線の肝臓がん名医と手術
   肝臓がんの名医や手術、最新治療法について

 最先端医療技術で肝臓がん完治


名医を見つけ最先端医療技術で肝臓がん完治というのは、告知を受けた患者としては当然の希望です。
何かの間違いではなく、病気の宣告が正しいというのであれば、あとはそれを治療するしかありません。

最先端医療技術で肝臓がん完治を目指すにも、やはり名医の手助けが必要です。
なにしろ、医療の世界は日々怒涛のように進化しているものです。
病気は誰しもが関係している深刻な問題。
それだけに、研究は世界各地で行われています。

日本だけで考えても、医大に入るのはとても困難なことです。
その難関を乗り越えた優秀な頭脳が日夜研究にいそしんでいるのです。
肝臓がんの最先端医療技術を把握するだけでも、並大抵のことではありません。
まして、それを身に付けて実用可能なレベルにするとなれば、もはや名医の域に達している医師でなくては足りないでしょう。

並大抵の意欲では、到底日進月歩の医学の進化にはついていけません。
患者の肝臓がんを最先端医療技術で完治させたいと切に願う誠実さがあって、初めて可能になることでしょう。
優秀さと情熱を兼ね備えて、初めて名医になれるということでしょうか。

1日や2日であれば、人間はがんばれるものです。
しかし、それが10年、20年となればどうでしょう?
それだけの期間、真剣に走りつづけられる人間は、社会の中でもごくわずかではないでしょうか。
毎日治療と研究に明け暮れ、名医になって最先端医療技術で肝臓がんを完治させようという医師が少数しかいないのも、無理のない話なのです。

医学会病院が堕落しているということではなく、それだけの困難を克服できる人間の方が、世の中において少数派なのですから。
患者は、自分が死の危険に直面しているため、名医の最先端医療技術で肝臓がんを完治させたいと深刻な願いを持っていますが、治療する医師や病院側にとって、それはただの仕事でしかありません。
残念ながら、彼ら医療関係者にとって、患者はお金を運んでくるお客でしかないという一面を持っています。
この温度差が、名医不足を嘆く患者と、そんな水準を目指さない病院関係者との間の深い溝になるのでしょう。

名医の最先端医療技術で肝臓がん完治、これは患者にとって見果てぬ夢であり、現実にはなかなか難しいところです。
大半は、従来どおりの手術や副作用を伴う抗がん剤治療に終始する結果になってしまうのも、ある意味仕方のないところなのです。

経済の大原則として、需給バランスというものがあります。
需要が多くて供給量が少なければ、値段は上がっていくというものです。
まさに名医はこの状態にあります。
どこへいっても引っ張りだこの状態。

そんな名医から肝臓がんの最先端医療技術を受ければ、完治できなかったとしても、納得はできるのかもしれません。
ベストを尽くした上での結果と、くすぶって燃え残ったままなのとでは、まるで満足度が違います。
胸を張って自分の人生を悔いなく生きられたと言い切るためには、やはり最後まで手を尽くし、力を振り絞ることです。

名医の肝臓がん最先端医療技術で完治できるかもしれないという希望があるのなら、その可能性にかけて名医のいる病院を探してみるべきではないでしょうか。
それは悪あがきにしかならないかもしれません。
しかし、死を意識した今、そんな悠長なことを気にかけている場合ではありません。
可能性があるのなら、どのようにわずかな可能性であっても、そこに全力投球する価値があります。

生き延びようとする人を応援する環境はあっても、その姿勢をあざ笑う者などそうはいません。
あなたが必死で、名医の最先端医療技術で肝臓がんを完治させようともがいていれば、手を差し伸べてくれる人も現われるかもしれません。
それはかかりつけの病院からの紹介かもしれませんし、闘病生活を送る知人を持つ友人かもしれません。

できることはあるはずです。
闘病記を呼んでみるということも、その一つでしょう。
他の患者はどのようにして闘病生活を送ったかということは、心の励みにもなるはずです。
中には、肝臓がんの最先端医療技術で完治したという話だって載っているかもしれません。

何も行動を起こさなければ、結果も何も変わりません。
たった一歩を踏み出す勇気が、不透明で灰色になってしまった生活を、再び明るい暮らしに戻してくれる可能性だって秘めているのです。
人生をあきらめるという悲しい決断をまだ下していないのであれば、肝臓がんを最先端医療技術で完治させるということに、真剣に取り組んでみてはいかがでしょう?

名医を見つけることさえできれば、あとは1人で孤軍奮闘などする必要がなくなります。
医学のプロフェッショナルが味方につけば、素人である患者が孤独に闘病生活を送っているよりも、はるかに効率的な治療を望むことができます。
そこには、最先端医療技術を含めた肝臓がん完治への方策があります。


copyright © 2005 患者目線の肝臓がん名医と手術 all rights reserved.