患者目線の肝臓がん名医と手術
   肝臓がんの名医や手術、最新治療法について

 肝臓がんと死


「がん治療」悩んでないで医師電話相談

全国のフコイダン療法推進医師との電話相談をしながら正しく「フコイダン」を

取り入れていただける「超高濃度フコイダン30」の健康ぐみです。


肝臓がんと死というテーマが、告知を受けてまず真っ先に考えるものでしょう。
たしかに命に関わる病気です。
運良くはじめから名医に手術や抗がん剤治療をしてもらえたり、自分に合う健康食品を見つけられることはまれです。

自然と肝臓がんによる死というイメージが頭の中に広がってくるのも当然のことです。
深刻な病気は、人生の間にそう何度も経験するものではありません。
それだけに、なおさら思いつめてしまうものです。

名医のいる病院を探すにはどうしたらいいのか、今いる病院やそこの医師は大丈夫なのか、そんな疑問はすぐに解決することはできないでしょう。
患者は医学に関し、まったくの素人です。
告知を受けてから勉強することで、徐々に知識は身についてきますが、当初はそうもいきません。
まずは頼れるプロ、つまり名医を見つけることが肝臓がんで死を招かないために必要な方策となります。

感情が揺れ、冷静な判断が出来ないときには、下手に動かないことです。
そんなときに余計な決断をしてもろくなことはありません。
はやまるべきではありません。
いくら肝臓がんでも死が確定したわけではないのです。

むしろ、医療技術の発達した現代では、症状が進行している場合であっても、余命を自分らしく生きるか、それとも延命を第一にするかという選択肢があるものです。
もちろん、そこまで深刻な状況じゃなければ、完治を望める場合もあります。
肝臓がんと死は、必ずしも直結しているというものではないのです。

ただ、そうはいっても、甘い病気ではないことは確かです。
不治の病ではないにしろ、命取りにもなりかねない病名を聞かされて、動揺一つしないというのは期待できません。
そこまで合理的な存在である必要もないでしょう。
ただ、告知を受けてすぐに、肝臓がんで死ぬんだという早とちりをして諦めないでください。

絶望は気力を奪い、ひいては体調にも悪影響を及ぼします。
希望を強く抱くことで、生命力を高めることこそ、患者が自分の責任においてなすことのできる方法なのです。
抗がん剤による投薬治療や手術はもちろん大切な治療方法ですが、患者に生きる希望がなくなっていたら、それも効果半減です。
肝臓がんで死ぬか生きるかは、医師だけでなく、患者自身にもかかっているのです。

重荷を背負わせるようですが、いくら深刻な病気にかかっているからと言って、他人があなたを助けてくれるわけではありません。
もちろん、力を借りることは大いにあるでしょう。
しかし、最終的な選択や行動を起こすのは、やはり他ならぬあなた自身なのです。
肝臓がんで死を迎えることを望まないのであれば、それは口に出して断るだけではたりません。
行動で示す必要があります。

賢人は苦難を前にして、それを乗り越える計画を作成し、実行に移します。
その過程で適宜修正を行い、最適な行動を探るのです。
肝臓がんと死というテーマについても、同じようにアプローチしていくことが求められます。

まずはどのような治療方針を望むのか、自分の深層心理に静かに問いかけ、答えを引き出します。
答えが見えてきたら、それを実現できる医療機関を探します。
場合によっては、いくつもの病院を転々とすることになるかもしれません。
決して楽なことではありませんが、労を嫌ってはいけません。
肝臓がんで死ぬという最悪のシナリオを思い描けば、いま努力をすることがどれだけ有用なことかが理解できるはずです。

まったく不慣れなことをするのは気が進まないものですが、そうわがままを言っていられる状況ではないのです。
人生が終わってしまうかもしれないという時に、怠惰を前面に出している場合ではありません。
これまで見せたことのないほどの勤勉さを、今こそ発揮するときです。
そして、肝臓がんと死とを切り離すのです。

並みの医師には延命が精一杯でも、名医の手にかかれば完治可能と言うこともあります。
医療機関により、設備の格差も存在しています。
だからこそ、近くの大学病院に通えばそれでいいというものではないのです。

肝臓がんによる死亡を防ぐために、今の治療は最善かという問いかけを、常に自分自身に与えることを忘れないでください。
最終的には、答えはあなたの中にあります。
あなたの人生の答えは、あなた自身が出すものです。

精一杯生きて、肝臓がんで死ぬことも本望だと心から確信できたのであれば、それを尊重するのもいいでしょう。
とにかく1日でも長生きがしたいというのも結構です。
重要なのは、自分がこれから残った人生に何を求めるかを明確に理解しておくことです。
そこが曖昧だと、いつも気持ちが動揺しつづけます。

一流のアスリートが試合で追い込まれたとき、その場面を打開できるか、そのままスランプに陥ってしまうかで選手の格が決まります。

闘病生活を送っているなら、まさに今が人生の正念場です。
肝臓がんと死という問題について、真剣に向き合ってください。
そして、残りの人生で何が出来るかを考えましょう。



copyright © 2005 患者目線の肝臓がん名医と手術 all rights reserved.