患者目線の肝臓がん名医と手術
   肝臓がんの名医や手術、最新治療法について

 肝臓がんの主治医とは十分なコミュニケーションを


闘病生活において気持ちを強く持つことは大切なことです。
たとえば肝臓がんの手術を成功させるためには、医師の技量が高いことは重要な要素ですが、患者の協力も必要です。
完治を目指すためには、信頼できる名医を主治医に迎え、自らも努力を惜しまない姿勢が欠かせません。

毎日痛みがひどい状態であれば、肝臓がんの痛みを和らげるための方策を講じる必要がでてきます。
申告しなくては医師が正確に把握することはできませんので、何でも話し合えるようにしておくことが大切です。
普段から、ちょっとしたことでも気になることは伝えるように心がけておいたほうがよいでしょう。

病気そのものからの苦痛だけではなく、肝臓がんの抗がん剤による副作用についても生活の障害になることがあります。
他の種類の抗がん剤に切り替えることや、放射線治療で代用することができる場合もあります。
我慢して疲れきってしまうよりも、他の方法を探ることが大切です。

名医から肝臓がんの最新治療を適用されることにより、改善の余地が残されている可能性もあります。
また、治療費が高額になる場合もありますので、そのことも主治医や窓口で相談してみましょう。
医療保険で治療費を抑えることができる場合もあります。


copyright © 2005 患者目線の肝臓がん名医と手術 all rights reserved.