患者目線の肝臓がん名医と手術
   肝臓がんの名医や手術、最新治療法について

 肝臓がん根治のために


根治を目指して健康を取り戻すためには色々な取り組みがありますが、まずは肝臓がんの検診を定期的に受診しておくことでしょう。
早期発見を実現することで、まだ癌細胞が転移して事態が困難になる前に治療を可能にします。
したがって、最低でも年に一回は健康診断を受けておくことをお勧めします。

いくら肝臓がんの手術を行うとしても、手術の成功率は転移によって低下していきます。
初期の段階であれば、腫瘍を切除して終わるはずだったものが、範囲が広がることによって取り除けない部分が出てきて放射線治療や化学療法を組み合わせて使うこともあります。
この場合では、副作用についても覚悟をしなくてはなりません。

アメリカでは肝臓がんのオーダーメイド治療が導入されて注目を集めていますが、いずれ日本でも実施されることになるかもしれません。
最先端医療が普及することにより、患者としては選択肢が増えるので生存率の向上に期待を持つことができるようになります。
オーダーメイド治療により、体質や遺伝等の要素を加味して最適な処置がなされ、健康を取り戻すことができる人も出てくるでしょう。

また、肝臓がんの健康食品について目にする機会もあるかと思います。
医学的には十分な検証がされていないものも多くありますので、医師から処方される薬の代わりになるものではありませんが、主治医と相談のうえで試してみるのも良いでしょう。
あくまでも、健康食品は医師からの薬や手術の補助程度に考えておいたほうが無難です。


copyright © 2005 患者目線の肝臓がん名医と手術 all rights reserved.