患者目線の肝臓がん名医と手術
   肝臓がんの名医や手術、最新治療法について

 肝臓がん根治のために


根治を目指して健康を取り戻すためには色々な取り組みがありますが、まずは肝臓がんの検診を定期的に受診しておくことでしょう。
早期発見を実現することで、まだ癌細胞が転移して事態が困難になる前に治療を可能にします。
したがって、最低でも年に一回は健康診断を受けておくことをお勧めします。

いくら肝臓がんの手術を行うとしても、手術の成功率は転移によって低下していきます。
初期の段階であれば、腫瘍を切除して終わるはずだったものが、範囲が広がることによって取り除けない部分が出てきて放射線治療や化学療法を組み合わせて使うこともあります。
この場合では、副作用についても覚悟をしなくてはなりません。

アメリカでは肝臓がんのオーダーメイド治療が導入されて注目を集めていますが、いずれ日本でも実施されることになるかもしれません。
最先端医療が普及することにより、患者としては選択肢が増えるので生存率の向上に期待を持つことができるようになります。
オーダーメイド治療により、体質や遺伝等の要素を加味して最適な処置がなされ、健康を取り戻すことができる人も出てくるでしょう。

また、肝臓がんの健康食品について目にする機会もあるかと思います。
医学的には十分な検証がされていないものも多くありますので、医師から処方される薬の代わりになるものではありませんが、主治医と相談のうえで試してみるのも良いでしょう。
あくまでも、健康食品は医師からの薬や手術の補助程度に考えておいたほうが無難です。


 肝臓がんの有名人


有名人肝臓がんであるということを知ると、急に病気が身近に感じられるようになってきます。
手術で回復したり、抗がん剤で治療をしたりと情報は様々なものがありますが、自分ひとりが闘病生活を送っているわけではないという連帯感が不思議と湧いてきて、それまでは興味も無かった歌手や俳優に親近感を持ったりするものです。
世間の反応としても、有名人が肝臓がんを告白することにより、その病気に対する安心が高まることは珍しくありません。
名医や生存率について、マスコミが調査をして報道してくれることは、結果的に同じ病気に悩む患者全般にとっても利益になります。
社会への影響力としては、やはり名前が売れているということは欠かせません。

一般人が肝臓がんの発症は名医を探しているということがあっても、なかなか社会的な関心は集められませんが、有名人なら違います。
過度のマスコミ報道をされる気の毒さはあるものの、優秀な名医や権威ある医師にめぐり合える可能性の高さはうらやましいかぎりです。
注目を集めるということは、それだけ人々が振り向いてくれるということにほかなりません。
病院にとっても、肝臓がん治療についての評判を高めるチャンスですので、主治医や執刀医に名医を当てるであろうことは容易に予想できます。

手術を行うとなれば、執刀医の力量は命を左右する重要な要素になってきます。
病院が総力を挙げてくれるとなれば、患者としては心強い限りです。
診断や手術など、権威ある医師に肝臓がんの治療を任せるということは、完治にむけての万全の策をとるために患者がもっとも重要視することが多い部分ではないでしょうか?
闘病記に記載されているような名医が自分の主治医や執刀医になってほしいと願う患者は、日本中にいるはずです。
名だたる権威に診察を受けられるなら、他の都道府県まで足を運ぶこともいとわない人は少なくないことでしょう。

もはや不治の病ではなくなったとはいえ、肝臓がんは権威ある名医に治療してもらいたい難病であることに変わりはありません。
風邪のように簡単にはいかないのですから、特別待遇とまではいかなくても、十分な環境を整備してほしいというのは、患者に共通する願いであるということは理解してほしいものです。
大量生産型の工場のノウハウは、肝臓がん治療には適用できません。
個々の患者ごとに異なる事情を加味し、柔軟に対応する高度医療こそが求められているものなのです。
名医や権威のいる病院ランキングも参考にして下さい。


copyright © 2005 患者目線の肝臓がん名医と手術 all rights reserved.