患者目線の肝臓がん名医と手術
   肝臓がんの名医や手術、最新治療法について

 肝臓がん生存率を向上させた治療法


新しい治療法が肝臓がん生存率を改善させることはありますが、それが患者に伝わるには大きな時差があるのが一般的です。
そんな医学界での最新情報を逐一入手することができれば、より合理的な判断をすることができるのではないでしょうか?
限られた情報で動いていたのでは勘で行動しているようなものですが、十分な知識を駆使して下した決断であるなら、肝臓がんの生存率を向上させる結果を導き出すことに成功したとしても、不思議ではないでしょう。
人間に与えられた時間は有限であり、世界に溢れる知識のごく一部しか吸収することはできません。

医学は人類の英知が集約されている大事業ですから、その全てを把握できる人間などいません。
まして、患者は医学についてまるで素人なのですから、最新治療法どころか基礎知識すらおぼつかず、肝臓がんの生存率を上げるためにどのような方法を取るべきかということにすら明るくないのが一般的です。
いくら自分のこととはいえ、それは仕方ありません。
闘病生活を繰り返し行ってきた経験を持つ人など世の中のごく一握りですし、命を脅かす病気にかかる体験など、生涯一度あるかないかという人が大半でしょう。

事故のように唐突に死が訪れないだけ、肝臓がんは生存率を調整できる問題であると評することもできますが、それは正しい知識を有する場の話です。
遠くの国へ旅行するときに、その国の言語に習熟し、文化を理解していなくては先が思いやられるのと似ています。
海外旅行に多くの事前準備が不可欠なように、闘病生活においても肝臓がんの生存率に関わる最新治療法について調べておくことが大事なのです。
ただ与えられるのを待っているだけでは、人生に積極的だとは言えません。

自ら書籍やネットを駆使して病気の基本情報から治療の動向、実績ある病院について調べるぐらいでないといけません。
黙っていても主治医が肝臓がんの生存率を改善するために奔走してくれる環境があるなら、それほど悲観することもないでしょう。
ただ、実際にはそれだけ信頼できる名医を見つけることが容易ではないのです。
権威ある医師や名医を主治医にするための努力を惜しんだことで、医療ミスの被害にあってしまったというのでは目も当てられません。

たとえ落ち度が無くても、肝臓がん生存率が低下してしまうこともあるのです。
それが現実の厳しさであり、そんな状況で闘病生活を送っていかなくてはならないという事態に置かれていることを自覚してください。
何もしないことは利益にも害にもならないプラスマイナス0のことではなく、大きなマイナスにもなりかねないのです。
自力で向上させられる肝臓がん生存率は、手を尽くして上げていきましょう。
人生の最期に、手をこまねいている暇などはありません。


 肝臓がんは治療できる


肝臓がんは不治の病などではなく、治療可能な病気です。
かつては転移して手におえなくなるというイメージもありましたが、日々発展する医療は常識を変えていきました。
現在では、肝臓がんは治療できる病気という認識も広がっています。
もちろん、無条件というわけではなく、早期発見が望まれる状況は変わりません。

そのためには、定期的な健康診断が推奨されますが、一般的な検査では必ずしも見落とさないというものでもありません。
完全な検査方法があるわけではないので仕方ありませんが、不治の病でない以上、肝臓がんの治療を一刻も早く始めるべきでしょう。
せっかく早期発見に成功しても、その後がモタモタしていたのでは台無しです。
スタートを早く切るチャンスを得たのに、それをみすみすどぶに捨ててしまったのでは、その後の闘病生活が思いやられます。

もしかしたら、簡単に肝臓がん治療できたのに、不治の病という認識に縛られていたために対応が遅れてしまい、機会を逸してしまうという罠に陥ってしまうこともありえます。
延命を望むのは人間としての本能ですから、それを拒む必要はありません。
多くの闘病記に描かれているような生命力を見せ付けて肝臓がんの治療生活に臨んだらいいのです。
もちろん、気分が鬱に入ってしまう日もあるでしょう。

それだけの深刻な悩みを抱えているのは間違いないのですから、精神状態に波があることは仕方ありません。
肝臓がんを治療することよりも、ただ家でやる気が起こらずに膝を抱えて過ごしてしまう日があっても、誰にも非難される筋合いはないでしょう。
回廊を巡るような気持ちになり、前進しているのかどうかもわからない暮らしの中で、闘病記のような劇的な物語をつむぎ出すことなどできるはずもないとは決めつかないでください。
確かな期待もないでしょうが、不治の病でないということは、肝臓がんの治療は不可能なことでもありません。

ロンドンのような遥かなる異国の地においても、同じ病気で苦しんでいる患者がいることは不思議なようでもあります。
きっと海外でも闘病記を書いている人はいるのでしょう。
国によっては医療が発達していなく、肝臓がんは治療できない病気という現状を抱えていることもあるのでしょうが、日本は違います。
幸いなことに、世界の中でも医療が徹底して普及している国なのですから、十分に完治を目指すことはできます。

地域格差はあるにしても、同じ国の中で最新医療を受けられるという環境は、日本人にとっては当然かもしれませんが、世界的には恵まれています。
そんな状況にあってなお、治療もせずに肝臓がんを不治の病として諦めてしまうのは残念なことです。


copyright © 2005 患者目線の肝臓がん名医と手術 all rights reserved.