患者目線の肝臓がん名医と手術
   肝臓がんの名医や手術、最新治療法について

 肝臓がんの痛みを和らげるために


肝臓がんの痛みといかに付き合っていくかということは、病状の進んだ患者としては、避けては通れない関心事です。
我慢は大切ですが、それだけで何もかも済ませることができるわけではありません。
苦痛が激しければストレスになり、生命力を削ぐ結果になりかねません。

そうなると、肝臓がんの痛みを和らげる方法を知ることが大切になってきます。
動物は、快楽を求める性質を本能的に遺伝子に組み込まれていますし、辛いことは遠ざけたがります。
生きるのが辛ければ、身体が免疫力を落としたりして、生きることそのものから逃れようとしてしまいます。

毎日がひどい肝臓がんの痛みにさいなまれていては、明るく暮らすなんていうことは望めません。
いくら前向きに気持ちを保とうとしたところで、そう自由に精神はコントロールできるものではありません。
名医であっても、あなたに24時間ついていてくれるわけではありません。
病院がやっていない時間帯に、肝臓がんの痛みに襲われることも当然あるはずです。
それでも、あなたは真正面からそれを受け止め、乗り越えなくてはなりません。
逃げたくても、逃げることなど許されないのです。

それは辛いことでしょう。
しかし、現実派待ったなしです。
病気の告知を受け、肝臓がんの痛みを感じ始めたのなら、嫌でもそこに立ち向かわざるをえないのです。
健康を当然の条件と考えてきた過去とは決別しましょう。

肝臓がんの痛みにさいなまれずに過ごせる時間の貴重さに気付くことで、人生を豊かに過ごすこともできるはずです。
かつては風邪を引くと、日常の暮らしの中でいかに健康が尊いものかを理解して、完治しては忘れていたものですが、それをはるかにしのぐ真剣さで今、闘病生活を送る人々がいます。
その必死さは、人生を有意義にすることに貢献するはずです。

テレビCMでも流れていた、肝臓がんの痛みを我慢しないということは、大切なことです。
1人で抱え込んでしまうことで、本来他の解決法があったものが、消耗戦に突入してしまう結果になりかねません。
専門家である名医の力を借りることが出来れば、千人力です。

1人での孤独な闘いより、プロと共同での勝負の方が有利なのは自明なことです。
あなたには、肝臓がんの痛みを気軽に相談できる主治医がいますか?
その一点で、これからの人生が大きく左右されることにもなります。

我慢は美徳ではありますが、度を越えれば自分の首を締めることにもなりえます。
肝臓がんの痛みを1人で抱え込み、耐え切れなくなった頃に主治医に相談しても、もはや進行が進んでいて手の内ようがなくなっている、そんな悪循環を避けるためには、やはり早期に打ち明けてしまうことが大切です。

それを怠ってしまったために、必要以上に肝臓がんの痛みがひどくなってしまったときに困るのは、他ならぬあなた自身です。
身体は誰でも一つしか持てません。
加齢とともにあちこちに負担がかかるのは避けられないこと。
それならば、深刻な事態になる前にメンテナンスを行って、自分の健康を維持する努力が必要です。

言うはやすし、行うは難し、という言葉があります。
実際、肝臓がんの痛みで塞ぎ込んでしまう日もあります。
もう誰とも口を利きたくないと自暴自棄なき持ちになってしまった時に、医師に相談をするのは簡単なことではないでしょう。
それでも、しなくてはならないのです。

冷たい言い方ですが、あなた自身のことはあなたがやらなくてはいけません。
黙っていても誰かが助けてくれるだろうというのは、あまりにも楽観的過ぎる観測です。
肝臓がんの痛みがひどいなら、専門家である名医に助けを請わなくてはなりません。

名医であれば、肝臓がんの痛みを軽減させる方法をもっている可能性は十分にあります。
また、薬の処方を変更することで、楽になることもあります。
しかし、それは患者にはわからないことです。
だからこそ、名医に相談する必要があるのです。

もちろん、名医が見つかっていない状態であれば、現在の主治医に相談ということになるでしょう。
それでも専門家には間違いないのですから、医学の素人である患者の勝手な思い込みよりは期待が持てるというものです。
少しでも肝臓がんの痛みが和らげば、残りの人生を充実した明るいものにすることができるはずです。

自分で勉強することは価値のあることですが、医学生並みの知識を得るのにも数ヶ月から数年を要します。
それまでの間にも、病気は進行し、対処が困難になっていきます。
肝臓がんの痛みも、当然処置のしようがなくなっていく可能性が高まっていくということです。

だからこそ、こんな時には名医の力を借りるのです。
賢い人は、専門家をうまく使う術を知っています。
何もかもを自分でやろうとするより、人に頼めることは頼んでしまうのです。
もちろん、肝臓がんの痛みの緩和というのも、プロに知恵を拝借したほうが良いことの一つです。



 肝臓がんで余命1ヶ月


肝臓がん名医を求め始めたのは、告知を受けてからだいぶ経ってからでした。
この地球という惑星で淡々と過ごしてきた自分の人生に、大きな波風が立ったと思ったら、こんな病気になってしまうとは皮肉なものです。
権威ある病院で治療を受けたところで、完治できる見込みは薄いというのが診断結果でした。
今よりも生存率を上げて肝臓がんと付き合っていく方法はあるのでしょうか?

余命を1ヶ月と診断されたら、あなたはどう対応しますか?
自分の人生の期限が決まると、残りの時間をいかに濃密にするのかという課題に当たります。
もしかすると肝臓がんが死を招くのではないかという思いが、名医や権威ある医師を探す動機になりました。
恋のキューピッドのような存在を自負していた若い頃ではなく、いまでは年老いた身になってしまっています。

目薬をさして目を覚ましても、いずれはそれすらできなくなるということを考えると、目からこぼれ落ちているのが涙か目薬かわからなくなってしまいます。
病院で弱りながら肝臓がんの名医との出会いを求めながら、ただ生きていくだけではないのかという予測を胸に抱いたとき、F1レーサーのように一瞬で人生を駆け抜けてしまったのではないかという思いに至りました。
昭和記念公園に咲いた満開の桜の鮮やかな桃色も、日本庭園の新緑も二度と見ることができないのでしょうか?
それが無性に悲しいような、それでいて肝臓がんから解放される喜びもあるような、不思議な気分です。

あの時手術をしていれば、そんな迷いもないとは言えません。
どのようなルートをたどって目的地に到着するのか、レンタカーを借りて整備された道を疾走するように、肝臓がんを患った後の暮らしを振り返ってみました。
すべてが無意味なようであり、何もかもが有意義であったようでもあります。
闘病生活は永くもあり、あっという間でもありました。

かつてのように投資や為替に興味を持てるわけでもなく、肝臓がん名医や手術についての調査ばかりを行い、昭和記念公園に入りびたって生活をしようかと思い起こしては打ち消すような毎日です。
終わったところで、世界経済が停滞するわけでもありませんし、大きなニュースになるわけでもないでしょう。
慎ましやかに葬儀が行われ、亡き者にされてしまう身のはかなさを想像すると、これまでの必死さがバカバカしく思えてきます。
テレビには今はなき俳優の顔が、肝臓がんに苦しむ脳裏に浮かびました。

きらびやかな浴衣姿を疲労し、かんざしの似合う彼女は、いったいどうなったのでしょう。
運命は気まぐれであり、楽園に到達するはずが千秋楽の舞台に誘導されているように、様々な幻想の中に歩みつづけるのが人間なのでしょう。
もしかしたら肝臓がんというのは、成長のための試練なのかもしれません。


copyright © 2005 患者目線の肝臓がん名医と手術 all rights reserved.