患者目線の肝臓がん名医と手術
   肝臓がんの名医や手術、最新治療法について

 肝臓がん闘病記の読み方


肝臓がん闘病記には、名医や手術、治療から健康食品や精神的な問題まで、実に多岐にわたる情報が掲載されています。
インターネットを使えば無料でそれらの情報を入手することができるということは、現代の医療において大きな利点です。
セカンドオピニオンについて気になっていたところ、肝臓がんの闘病記で情報を読み、やはり名医を見つけて意見を求めておこうとする人もいます。

病院は全国に数多くありますが、本当に信頼できる主治医はなかなかいるものではありません。だからこそ、医療ミスについての報道が後を断たず、一時期セカンドオピニオンは流行語対象に選ばれるのではないかと思うほどに連日ニュースで伝えられていたのです。
本来なら、手術の際には安心して任せられることが理想なのですが、実際には理想どおりには物事は進みません。
時には肝臓がんの手術を受けるために執刀医を探すこともあります。

通院だけではなく、入院することも視野に入れておいたほうがよいでしょう。
従来の治療方法では完治が望めないために、肝臓がんの最先端医療についての情報を調べようという人もいるでしょう。
日常の生活から離れた厄介ごとではありますが、人生においてとても重要なことです。

たとえば、現在ではオーダーメイド治療がアメリカで注目を集め、日本でもNHKのドキュメンタリー番組で取り上げられるなど、今後の普及が見込まれています。
そうした動向を捉えておくことで、肝臓がん権威ある医師の情報にたどりつくことにもつながるのです。
誰しも病気になることは避けたいものですが、生きていると病と向き合わないといけないこともあります。
たとえ逃げ出したいと思っても、放置しておけばその間にも癌細胞が転移して末期に近づいていくことにもなりかねません。

そんな事態を避けるためには、主体的に情報を収集することが欠かせません。
病院で信頼できる主治医を見つけることができれば、大きな助けになります。
人生を最期の瞬間まで謳歌するためにも、必要な情報は十分に獲得するための努力は惜しまないようにしましょう。


 肝臓がんの不安


肝臓がんの不安を乗り切る方法とは?

肝臓がんと不安は切っても切り離せないものです。
これからを思えば、平静ではいられないというのは、あまりにも当然の感情でしょう。
しかし、人間は感情の生き物です。
そしてマイナスの感情は身体にも悪影響を及ぼします。

肝臓がんになることで不安になり、そのストレスが身体の免疫力を落としてますます病状が悪化する。
そして追い詰められていく度合いが強くなり、収拾がつかなくなるという悪循環が起こります。
この悪い循環は断ち切らなくてはなりません。

不安が肝臓がんを悪化させるのであれば、それを取り除く必要があります。
名医であれば、そういった心のケアも身体と一緒に行ってくれますが、まだまだそこまでの医療レベルに達していない病院や医師が多いのも事実です。

そうなれば、患者自身でも快適な精神状態を導き出す工夫が必要になります。
たとえば、闘病記を読んで同じ病気に立ち向かっている人の存在を知り、孤独感を和らげたり、今の自分の置かれている状況を冷静に把握するために、紙に書き出してみることで肝臓がんの不安を解消するというのも一案です。

頭の中で小難しく考えているだけより、実際に紙に書き出してみると、視覚的に現状を理解できるため、感情を抑えて理性で判断できるものです。
すこし時間はかかりますが、十分試してみる価値のある方法でしょう。
ビジネスの手法としては、すでに一般的に提唱されている方法ですが、その活用は肝臓がんの不安を取り除くのにも応用できます。
主観的な感情を客観化することができれば、今本当にしなくてはならないことが分かります。

ただおろおろしているだけでは、何も改善されることはありません。
人間は感情に支配される生き物だからこそ、冷静に対処する方法を身に付ける必要があります。

また、不安を小さくするという発想を転換し、楽しいことを探すという方法もあります。
自分の趣味に没頭するというのは、大切なことです。
肝臓がんの不安を忘れられるほどに夢中になれば、脳からドーパミンが分泌され、身体に好ましい影響を与えることができます。

医師との相談の上で許可が下りれば、旅行に行くというのもいいでしょう。
ただし、体力面での問題や病状が急変することがないか、もしそういった場合にはどうやって対処したらいいのか、といったことを確認しておくことが必要です。
旅先の病院での処置でいいのか、それともかかりつけの病院に連絡をするべきか、とりあえず駆け込んだ先の病院に伝えておく留意点があるのかということ一つで、治療方法が変わってくることもあります。
旅行で肝臓がんの不安を忘れることは大切ですが、必要な準備は事前に行っておきましょう。

旅行以外の趣味でも、もちろんかまいません。
趣味がないという人でも、生活の中で楽しいと思うことや、嬉しいと感じることはあるはずです。
気の合う友人と食事をしたり、好きな雑誌を読んだり、テレビを見たりすることでもかまいません。
気分が高揚すれば、自然に肝臓がんの不安も忘れられるはずです。

最近では、笑いの効用も注目されています。
お笑い番組を見たりすることで笑い、それが病気の治療に役立つというものです。
これも肝臓がんの不安を取り除くことに通じるものがあります。
心と身体が連動していることを示す格好の例と言えるでしょう。

こうしたことからも、ただふさぎこんで毎日を過ごすだけでは、健康から遠ざかるだけだということがわかるでしょう。
もちろん、病気の告知を受けて落ち込むのは当然のことです。
平気でいろというのは酷な話でしょう。
肝臓がんで不安を覚え、そこから何もする気力がなくなってしまうというのも、無理はありません。

しかし、そのままではいけません。
たとえ病気の告知を受けても、明日はやってきます。
肝臓がんの不安を乗り越え、その先にたどり着かなくては、残った人生を暗い気持ちのまま過ごすことになってしまいます。

本当はもっと打つべき手はあるのかもしれません。
ただ、視野が狭くなってしまうと、そういったことにも気付かないまま通り過ぎてしまうのです。
もっと力を抜いて、リラックスしてみることです。
不安で肝臓がんを悪化させることが目的ではないのですから、人生を思う存分楽しみましょう。

告知を受けてそれに制限がかかってしまうことは否定しませんが、すべてが終わってしまったわけではありません。
終わったのではなく、状況が少し変わったというだけの話です。
まだまだ人生は続きます。


 肝臓がん闘病記~名医探しの方法~


様々な肝臓がん闘病記を読んでいて、名医を探す方法がもっとも大きな関心となりました。
名医が見つかったことで、八方塞がりだった病状に光が射してきたという話もあります。
信頼できる医師が見つかるかどうかが分岐点になっている肝臓がん闘病記に触れたことで、次の行動は決まりました。

自分もまた、力量のある医者を探すという決意ができたのです。
ただし、私も医学に関してはまったくの素人です。
門外漢にとって、どのような方法で探して出せばいいのかは、見当もつきませんでした。

やみくもに病院を回りつづけたら、それでいいというものでもないでしょう。
そもそも名医と平均的な医師、そしてヤブ医者の違いというものはどこにあるのでしょう?
私なりに肝臓がんの闘病記を分析したところ、3つの評価基準があるのではないかと思います。

まず1つ目は、最新治療法についての習熟度や最先端医療技術・手術におけるレベルです。
名医であるには、当然ながら知識と技術が必要です。
これは肝臓がんの闘病記のを読むまでもないことでしょう。
常識とすら言えることです。

日々進化する最先端医療技術を知らずして、昨日までと同じ治療法を繰り返すだけの医師では、井の中の蛙と呼ばれても仕方ありません。
やがて、1日の差は10年、20年の遅れにつながります。
自分が肝臓がん闘病記を書いたとき、そんな医師や病院に命を任せていたことを誇れるでしょうか?
きっと後悔するだけではないでしょうか?

そうであるなら、まずはこの必要最低限な条件は満たしていなければ信頼できないことになりません。
しかし、医学知識や最先端医療技術を駆使できることは、名医であるための必要条件ではあっても、十分条件ではありません。
そのことは肝臓がん闘病記を読んでいるとよくわかります。

まさにそれが名医の第2の条件になります。
それはすなわち、患者の心のケアをする能力です。
いくら人体の仕組みや病気の解明が得意であっても、患者はあくまで人間です。感情が伴います。
その感情を汲み取る力がどれだけ患者に安心感を与えるかは、各種肝臓がん闘病記に載っているところです。

心と身体は別の者のようで、つながっているものです。
ストレスがかかれば、肉体の免疫力は落ちますし、場合によっては不眠や胃痛を引き起こしたりもします。
当然のことながら、肝臓がん闘病記に描かれている人たちは、病気という深刻なストレスを抱えています。
それを専門家である医師や医療関係者の言葉・態度で軽減することができれば、マイナスな感情から抜け出す有力な手助けになります。

前向きな気持ちになることの大切さは、肝臓がん闘病記を読んでいれば分かるのではないでしょうか。
毎日を不安の中で暮らすより、明るい気持ちで生活したいというのは、人間として当たり前の欲求です。
そのことがまだ生きていく活力を生み出すことにもなり、治療の一助にもなります。

それだけ重要な精神面をどうフォローすることができるかというのは、名医であるかどうかの大きな分岐点と評価してよいでしょう。
医師や病院を信頼できるかどうかが、どれだけ心の平穏につながるかを如実に物語るのが肝臓がん闘病記です。
あなたが今日、暗い思いを抱えているのは、一人で抱え込んでしまっているということが要因の一つに挙げられるかもしれません。

その重荷を一緒に背負ってくれるプロがいてくれれば、どれだけ負担が減ることでしょう。
1人では気が滅入るのは無理もありません。
肝臓がん闘病記を読むことで、同じ悩みを抱える患者の存在を知り、孤独を紛らわせてくれるという効果はあります。
しかし、身近で支えてくれる人の代わりになるものではありません。
やはり、生身の人間は必要なのです。

その意味で、名医の称号を得るための条件として、患者の精神のケアをできるかどうかということははずすことはできないでしょう。
言い回しや態度一つで、患者に不安や絶望を味わわせることも出来れば、反対に希望や喜びを引き出すこともできる立場にいるのが医者です。
実際、肝臓がん闘病記の中でも、彼らのことはしばしば語られています。
二人三脚で歩いていけると確信できる医師を見つけ出せるかどうかは、見過ごすことのできない大問題です。

名医の第3の条件としては、患者によって対応を変えられる柔軟性が挙げられます。
たとえば、とにかく1日でも長生きしたいという患者と、寿命を縮めてでも自分のしたいことをしてから死にたいという患者とでは、当然必要な処置の方法が変わってきます。
人生観は人それぞれなもの、肝臓がん闘病記から、満足できた出来事を拾い読みしていっても、病気の回復の見込みが出てきたことを描写しているものもあれば、人生の目標を一つ達成できたことを挙げる人もいます。

誰もが望む幸せの形など、世界には存在していません。
個々それぞれに望むものが違うという差異を理解し、行動に落とし込むことは病院側にとっては大きな負担でしょう。
しかし、それを具現化している医療機関を探し出すことが、患者にとっては幸せな今後の生活を送るためには欠かせません。

いつか、肝臓がん闘病記を書くとしたら、あなたはどんな内容にしたいですか?
その答えには、あなたの価値観が反映されているはずです。
自分自身を分析することも時には必要なこと、この機会に自分自身の心に問い掛けて見てはいかがでしょう。



 肝臓がんと死


「がん治療」悩んでないで医師電話相談

全国のフコイダン療法推進医師との電話相談をしながら正しく「フコイダン」を

取り入れていただける「超高濃度フコイダン30」の健康ぐみです。


肝臓がんと死というテーマが、告知を受けてまず真っ先に考えるものでしょう。
たしかに命に関わる病気です。
運良くはじめから名医に手術や抗がん剤治療をしてもらえたり、自分に合う健康食品を見つけられることはまれです。

自然と肝臓がんによる死というイメージが頭の中に広がってくるのも当然のことです。
深刻な病気は、人生の間にそう何度も経験するものではありません。
それだけに、なおさら思いつめてしまうものです。

名医のいる病院を探すにはどうしたらいいのか、今いる病院やそこの医師は大丈夫なのか、そんな疑問はすぐに解決することはできないでしょう。
患者は医学に関し、まったくの素人です。
告知を受けてから勉強することで、徐々に知識は身についてきますが、当初はそうもいきません。
まずは頼れるプロ、つまり名医を見つけることが肝臓がんで死を招かないために必要な方策となります。

感情が揺れ、冷静な判断が出来ないときには、下手に動かないことです。
そんなときに余計な決断をしてもろくなことはありません。
はやまるべきではありません。
いくら肝臓がんでも死が確定したわけではないのです。

むしろ、医療技術の発達した現代では、症状が進行している場合であっても、余命を自分らしく生きるか、それとも延命を第一にするかという選択肢があるものです。
もちろん、そこまで深刻な状況じゃなければ、完治を望める場合もあります。
肝臓がんと死は、必ずしも直結しているというものではないのです。

ただ、そうはいっても、甘い病気ではないことは確かです。
不治の病ではないにしろ、命取りにもなりかねない病名を聞かされて、動揺一つしないというのは期待できません。
そこまで合理的な存在である必要もないでしょう。
ただ、告知を受けてすぐに、肝臓がんで死ぬんだという早とちりをして諦めないでください。

絶望は気力を奪い、ひいては体調にも悪影響を及ぼします。
希望を強く抱くことで、生命力を高めることこそ、患者が自分の責任においてなすことのできる方法なのです。
抗がん剤による投薬治療や手術はもちろん大切な治療方法ですが、患者に生きる希望がなくなっていたら、それも効果半減です。
肝臓がんで死ぬか生きるかは、医師だけでなく、患者自身にもかかっているのです。

重荷を背負わせるようですが、いくら深刻な病気にかかっているからと言って、他人があなたを助けてくれるわけではありません。
もちろん、力を借りることは大いにあるでしょう。
しかし、最終的な選択や行動を起こすのは、やはり他ならぬあなた自身なのです。
肝臓がんで死を迎えることを望まないのであれば、それは口に出して断るだけではたりません。
行動で示す必要があります。

賢人は苦難を前にして、それを乗り越える計画を作成し、実行に移します。
その過程で適宜修正を行い、最適な行動を探るのです。
肝臓がんと死というテーマについても、同じようにアプローチしていくことが求められます。

まずはどのような治療方針を望むのか、自分の深層心理に静かに問いかけ、答えを引き出します。
答えが見えてきたら、それを実現できる医療機関を探します。
場合によっては、いくつもの病院を転々とすることになるかもしれません。
決して楽なことではありませんが、労を嫌ってはいけません。
肝臓がんで死ぬという最悪のシナリオを思い描けば、いま努力をすることがどれだけ有用なことかが理解できるはずです。

まったく不慣れなことをするのは気が進まないものですが、そうわがままを言っていられる状況ではないのです。
人生が終わってしまうかもしれないという時に、怠惰を前面に出している場合ではありません。
これまで見せたことのないほどの勤勉さを、今こそ発揮するときです。
そして、肝臓がんと死とを切り離すのです。

並みの医師には延命が精一杯でも、名医の手にかかれば完治可能と言うこともあります。
医療機関により、設備の格差も存在しています。
だからこそ、近くの大学病院に通えばそれでいいというものではないのです。

肝臓がんによる死亡を防ぐために、今の治療は最善かという問いかけを、常に自分自身に与えることを忘れないでください。
最終的には、答えはあなたの中にあります。
あなたの人生の答えは、あなた自身が出すものです。

精一杯生きて、肝臓がんで死ぬことも本望だと心から確信できたのであれば、それを尊重するのもいいでしょう。
とにかく1日でも長生きがしたいというのも結構です。
重要なのは、自分がこれから残った人生に何を求めるかを明確に理解しておくことです。
そこが曖昧だと、いつも気持ちが動揺しつづけます。

一流のアスリートが試合で追い込まれたとき、その場面を打開できるか、そのままスランプに陥ってしまうかで選手の格が決まります。

闘病生活を送っているなら、まさに今が人生の正念場です。
肝臓がんと死という問題について、真剣に向き合ってください。
そして、残りの人生で何が出来るかを考えましょう。



 肝臓がんの闘病生活の心構え


肝臓がんの名医完治を目指して歩んでいくことは、症状が発覚してからまず望むことではないでしょうか?
放射線治療や手術にあたり、患者側では提供された情報に基づいて判断することしかできず、実質的には同意する以外の選択肢は残されていないこともあります。
そのため、主治医選びは闘病生活を大きく左右する重要事項となります。

生死を決定付ける重大な選択なのですから、肝臓がんの名医や権威を見つけられるかどうかは軽く扱うことができない問題です。
そのための情報源として闘病記を活用するのも一つの方法でしょう。
闘病記には多くの経験が詰まっていますので、名医についての口コミ情報も記載されていることがあります。

活用方法は様々ですが、肝臓がんの闘病記を上手に使うことで闘病生活においてプラスになることは間違いないでしょう。
中には末期と宣告されて、完治が絶望視されていた人が名医と出会って奇跡的に完治したという話もあり、勇気付けられることもあります。
手術や放射線治療・抗がん剤の服用など、様々な情報を患者目線で語られていることも大きな利点です。

名医については色々な視点からの評価が可能ですから、闘病記からそういった情報を引き出すことも有効でしょう。
物事を多角的に捉えることができれば、それだけ片寄った考え方に陥る危険が軽減されます。
肝臓がん名医がすべてではありませんが、治療において重要な要素であることは間違いないでしょう。


次のページ
copyright © 2005 患者目線の肝臓がん名医と手術 all rights reserved.